平成18年5月1日


Web マガジン創刊のご挨拶

編集人 藤野正美

The Trading Postは、
 「幾つになっても、自分の人生は自分で開拓し、積極的、創造的に生きる」
をコンセプトに、Webマガジンとして立ち上げたものです。

随分大仰なコンセプトを掲げていますが、実はそんな大層なことではありません。
毎日の生活でちょっと新しいことをする、めげそうなときにちょっと歯を喰いしばる(たとえ何本かは入れ歯だとしても)、たまには犬の散歩をしながら一句ものしてみる、というようなことを「意識して」やってみませんか、そうするとなんだか元気になってきますよ、というようなことを発信していこうということなんです。

なんだ、そんなこと誰でもがやっていることだ、と思われるかもしれませんが、この「意識して」というのがちょっとしたポイントです。

嫌なことが頻発する今の世の中、知らないうちに私たちの心には暗い影が刻み込まれていて、これという原因もないのにやる気がなくなっている、何だかいつもイライラするなんてことになっていたりします。それを単にストレスが溜まっているんだとか、更年期障害だからなどと、仕方ないことのように思っている人も多いのではないでしょうか。

知らないうちに疲れてしまっている心を元気にするには、反対にたとえどんな小さなことでも、楽しいこと新しいことクリエイティブなことを「しっかり意識」することが重要なのです。
つまり、楽しいことうれしいこと新鮮なことに単に没頭するのではなく、しっかり楽しみ十分堪能し、それを意識することによってその思いを心に刻みつけるのです。要するに潜在意識に楽しい思いを染みこませるわけです。
心はそうやって癒されて元気に健康になっていくのです。昔の人が「笑う門には福来る」と言ったのも、最近プラス思考が盛んに言われるのも、そういう心の作用があるからなんですね。

実はその方法は、私が長年勤めていた公益法人で機関誌や雑誌の編集、出版業務に携わりながら学んだことで、コンテンツの一つ「天風哲学を学ぶ」で、詳しくご紹介していきたいと思っていますが、その他のコンテンツについても、心が、家庭が、職場が、社会が、ちょっと元気になるような内容を心がけています。

それは、われわれの年代(私は団塊の世代の先頭を切っています)が元気になることで日本も元気になるのではないか、少なくとも社会からお荷物扱いはされたくないという思いがあるからです。そのためのself-cheeringでもあり、そして少しは若いひとたちにも何か良いヒントを与えられる内容になればと思っています。

だんだんと読者の皆様に参加いただけるコンテンツも増やしていきたいと思っていますので、ご支援よろしくお願いいたします。

※コンテンツは数日で何かしら更新され、1ヶ月ほどで一新されて新しい号になります。
また、コンテンツも順次増やしていく予定です。


ご感想など、是非どうぞメール

ホームへ